年間200~300人の男性がオナニーで死亡


男性にとって必要不可欠な自慰行為。通称オナニーであるが、そのオナニーに関して実に恐ろしいデータがある。

それは全国で年間200~300人がオナニーで死亡しているというデータなのである。

どのように死亡するのかと言えば、性ホルモンの過剰分泌による急死であり、もっと掻い摘んで言えば、興奮した事による心臓発作である。

医学では性ホルモンの過剰分泌によって起こるこのような症状を『テクノブレイク』と呼んでいる。つまりこの事は医学会も認める事実であり、男性にとっては気を付けなければいけないのである。特に、心臓に持病を持った人や心臓の弱い高齢者などは気を付けなければ、性的興奮の際に血圧が急上昇し、心臓に負担がかかり、このテクノブレイクを発症してしまう可能性がある。

また、普段健康そうな人であったとしても知らない内に心疾患を患っているような人はいる。そういう人はリスクが高いので気を付けるべきだろう。

オナニーをする時に注意点

そしてこのような事態に陥らないように自慰行為を控えたい状態・方法がある。それは以下の通りである。

  • 大量の飲酒後
  • 人前や屋外
  • 道具を使う
  • 寸止め

これらの状態・方法というのは、いずれも興奮状態を高め、血圧を上昇させ易く、最悪心臓発作を起こし易い。早死にしたくなければいずれも控えた方が良いと言える。

なるべく興奮を得ながら、自慰行為に勤しみたい気持ちは理解出来るが、健康の為には不健全な方法なのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ