カフェインと肉を摂取しなければ生理痛はなくなる

女性ならば毎月の生理痛に悩まされる人は多いだろう。

そんな女性にとって、生理痛が無くなるという嬉しい情報がある。

スポンサード リンク

それはカフェインと肉を摂取しなければ生理痛が無くなるというものである。

つまりは、生理痛を抑えたい人にとってーヒー等のカフェインの含んだ飲料、そしてお肉が食べられなくなるので、知らなきゃ良かった雑学といえるだろう。

カフェインと生理痛の関係

では何故カフェインとお肉が関係してくるのだろうか。それぞれについて見てみよう。

カフェインが生理痛を悪化させる作用として、身体を冷やしてしまうという事が挙げられる。

カフェインには、神経を刺激して覚醒させる作用と血管を収縮させる作用があり、血管を収縮させる事で血液のめぐりを悪くする事になり体を冷やしてしまうのである。生理の緩和の為には体を温めるのはもはや常識であり、そんな時、体を冷やす効果を持つカフェインを摂取してしまうと生理痛が悪化してしまうのである。

スポンサード リンク

アイスコーヒーなどは言語道断。生理時にはコーヒーの摂取を控えた方が生理痛は緩和し易いだろう。

お肉と生理痛の関係

生理痛は食事に深く関わっており、野菜中心の食生活をすると生理痛が和らぐ事が知られている。

そもそも生理痛を引き起こしているのは『プロスタグランジン』という物質である。

このプロスタグランジンが子宮を収縮させる為、子宮に痛みが発生し、血管を収縮させてだるさや気持ち悪さを引き起こし、酷い場合は移調にも影響し吐き気・下痢になったりしてしまう。逆に言えばこのプロスタグランジンの分泌を抑えられれば、生理痛は抑えられる。

そしてこのプロスタグランジンを過剰分泌させる原因になっているのがお肉なのである。また、お肉だけでなくお魚、乳製品・牛乳といったタンパク質成分を多く取るとこのプロスタグランジンを分泌してしまう。

スポンサード リンク

生理痛に苦しむ人は生理時には野菜のみのまるで修行僧のような生活をしなければいけないのかもしれない。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ