サザエさん・マスオさん家族が磯野家に居候する理由

サザエさんの夫であるマスオさん。マスオさんはご存知、磯野家で唯一の血の繋がりのない人物である。

そんなマスオさん達、河豚田家族が磯野家に居候していると思うが、その理由はなんだろうか。

スポンサード リンク

磯野家にお世話になる事も普通と言えば普通であるが、初期の頃はマスオさんはきちんと自分で家を借り、そこに妻であるサザエさんとタラオことタラちゃんと暮らしていたのである。

ところが、ある日マスオさんはとんでもない事件をその借家で起こして追い出されてしまうのである。賃貸契約が切れたワケでもなく、その借家が取り壊されるワケでもなく、ただ単純に追い出されてしまったのである。

スポンサード リンク

それは、マスオさんが借家の木製の囲いを、薪にする為にノコギリで切ってしまい、その借家の大家と大喧嘩をしてしまったのである。この事件をきっかけにマスオさん達、河豚田一家はその借家を追い出されてしまったのだ。

借家を追い出されたマスオさん達は、妻であるサザエさんの実家にお世話になるという経緯で現在に至ったのである。

スポンサード リンク

マスオさんは設定では早稲田大学卒業の高学歴、かつアニメを視聴している方なら分かると思うが、非常に温厚な正確な持ち主である。そんなマスオさんがこんな常識はずれな大事件を起こしてしまうとは何とも信じられないかもしれないが、実際に『サザエさん』の作者である長谷川町子の描く原作に描かれているのでまがいなき事実なのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ