伊藤博文は日本の歴史上最強の女好き

中居正広のミになる図書館で歴史コメンテーターの金谷俊一郎お札になった偉人に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

旧1000円札の伊藤博文にまつわる知らなきゃ良かった雑学。

スポンサード リンク

伊藤博文は長州の生まれで、身分が低い生まれだったにも関わらず、後に初代総理大臣となった人物である。

その伊藤博文は日本の歴史上、最強の女好きである。

伊藤博文の最強女好きヒストリー

伊藤博文はいつでも、どこでも、誰とでも女性とイチャイチャしていた。嫌いな女性というのは存在せず、選り好みしないで女性を口説いていた。

スポンサード リンク

連日芸者遊びをしていて、マスコミ的には伊藤博文の行く所、女性がいないワケがないので、スキャンダルをスクープして記事を書く事が非常に楽であった。しかし、伊藤博文は記事を書かれても全然めげずに芸者遊びをやめなかった。

また、その女性も二流好みで一流はあえて狙わなかった。何故、一流を狙わないかと言えば、2つ理由があり、1つ目は一流の芸者だと他の政治家も贔屓にしている為、被ってしまうからであり、2つ目は二流芸者は様々な客を相手にするので情報通であるからだった。

スポンサード リンク

二流芸者は多数のお客につくので色んな情報が入り、そこから伊藤博文は情報を入手し、政治に活かしていったのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ