ゴルフは全スポーツの中で一番突然死し易い

中居正広のミになる図書館で医学博士の吉原紳ゴルフにまつわる知らなきゃ良かった雑学を紹介。

ゴルフはあらゆるスポーツの中で突然死が多いスポーツである。

スポンサード リンク

ピーク時には年間で250~300人の人がゴルフ場で死亡している。

一番多いのは心筋梗塞であり、原因はショットの直後に心臓に負担がかかり、そのまま亡くなってしまう。息を止めて打つので心臓に相当な負担がかかるのである。

スポンサード リンク

ショットの時は静かに見えて、実は非常に心拍数が上がっていて、例えば心拍数が70の人は140くらいに跳ね上がり、倍近くの数値になっている。それだけ強烈に血液が流れるので、血管が破裂するのである。

倒れた場合の対処法は?

ここで、倒れてしまった時の対処法はない。ゴルフ場で倒れて助かった人はほぼほぼない。

スポンサード リンク

ゴルフ場は大体人里離れた場所にあるので、救急車を呼んでも5分、10分では来る事はなく、1分が大事な心筋梗塞であっては、この立地条件は致命的になるのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ