電動歯ブラシは正しく使わないと効果が薄い

中居正広のミになる図書館で歯科医の櫻井千春歯磨きにまつわる知らなきゃ良かった雑学を紹介。

電動歯ブラシを使用している人は多いと思うが、実は電動歯ブラシは正しく使わないと効果がない。

スポンサード リンク

電動歯ブラシは勿論、歯垢を取る為に開発されているので、正しい使い方をしていれば良い優れた商品であるが、例えば、大体の電動歯ブラシを使用している人というのは磨き残しが非常に多いのが実態である。

勿論、電動歯ブラシの使い方がきちんと理解していて使っているのであれば問題はない。

正しい使い方とは?

基本的には通常の歯ブラシと電動歯ブラシの磨き方は同じである。

但し、電動歯ブラシであるという甘えから、通常の歯ブラシよりも歯磨きが甘くなり易いので、歯磨きの仕方を学び使う事が求められる。

考察

今回の電動歯ブラシについて、調べてみました所、電動歯ブラシの評価は総じて低い事が分かりました。

結論から言えば、電動歯ブラシに関しては歯ブラシメーカーが売上を増やす為に考えついた商品であり、通常の歯ブラシと比較して大して効果が上がらないという事が言えるそうです。

スポンサード リンク

これはどういう事かと言えば、どれだけ丁寧に、かつ頻繁に歯磨きをしたとしても虫歯になる人はなってしまいます。そうするとその人はこう考えます。「自分の磨き方が悪い」「歯ブラシが悪い」「歯磨き粉が悪い」と、、、。そうなってくると、「とりあえず歯ブラシを変えてみよう」「磨き方のアシスト機能が付いた電動歯ブラシの方が良いのではないか」という考えに発展します。

歯ブラシのメーカーはそのような消費者の心理をついてくるというワケですね。

実際問題、通常の歯ブラシも電動歯ブラシも除去率に大差はなく、大事になってくるのは磨き方になってくるのです。確かに、通常に自分が磨いている分にプラスされて、電動歯ブラシに関しては微細な振動をしているので、食べかすの除去率が上がりそうに感じられますが、そこまでの大差はなく、むしろ電動機能に甘えてしまい、きちんと正しい歯磨きを行うという基本的な事を疎かにしてしまうデメリットの方が大きくなってしまう可能性があります。

スポンサード リンク

とは言え、電動歯ブラシが世に販売されてからこれだけの月日が経過しているワケなので、性能も上がっているはず。通常の歯ブラシと比較して除去率が上がっている可能性もなきにしもあらずですが、高い費用を支払ってまで買う価値があるのかと言えば、個人的には疑問を感じてしまいますね。

 

 

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ