朝起きた時の唾液1ccは大便・ウンチ10g位の細菌の量と同じ

中居正広のミになる図書館で歯科医師の本田俊一刑事にまつわる知らなきゃ良かった雑学を紹介。

朝起きた時の唾液は1ccに入っている菌は大便(ウンチ)10gと同じだけの量存在する。

寝ている時に口の中の細菌はどんどん増殖している。なので、起床した瞬間というのが一日の中で一番口腔内の菌の数がピークになる。したがって、口臭も非常にキツイ。

スポンサード リンク

朝の唾液はネチョネチョしていて気持ち悪いのはこの為で、その唾液を飲むだけでも具合は悪くなる。だから起きてすぐ歯磨きはしないといけない。

時々起きてからしばらくして歯磨きする人がいるが、歯磨きする前に飲み物を飲むと、大量の菌を飲み込んだ事になる。

何故寝ていると細菌は増える?

細菌が増える理由は寝ている間に菌が増える理由は基本的に口の中の唾液を飲み込む事が少ない為、菌が増殖し易くなる。また飲み物を飲む事もない為、増殖した菌を胃に流す事もないので、そのまま繁殖し続け、結果朝起きた時にはもの凄い数の菌が口の中にいる事になるのである。

 考察

確かに朝、起きた際の口の中の不快具合は異常ですね。本人ですらその不快具合を自覚出来るワケですから、周囲が嗅ぐ口臭がきつくなっている事は容易に想像出来ます。

スポンサード リンク

今後は起床してすぐに、モンダミンなどの洗口液を口にしてうがいし、除菌・洗浄した方が良いかもしれません。

また、これに関連してもう1つ言えるのが、恋人達や夫婦、あるいは親子でもたまに見掛けられる、寝起きのキスですが、これは上述のように、排泄物クラスに汚い口の中の菌を互いに移し合っている事になるので、きちんと口の中をすっきりさせた状態でするのが良いと言えます。

ちなみにですが、この朝型の口臭について、今回は口の中の菌が原因という様に紹介されておりましたが、実は口の中だけでなく、そのニオイの原因は胃の中にもあるのです。

と、申しますのも、前日に食した食べ物が胃の調子が悪く消化不良を起こしていた場合に、胃の中で発酵してしまう事があります。この発酵した際に胃の中で酪酸菌という菌が大量発生しますので、この菌の影響から口から強烈なニオイがしてしまうという事が往々にしてあるのだとか。

こうなってくると、洗口液ではどうにもならず、ブレスケアの様な胃の中からニオイの元を除去してくれるモノが必要になってくるでしょう。

スポンサード リンク

ちなみに、胃の消化不良に関しては暴飲暴食は勿論の事なのですが、その他、過剰なストレスによっても発生するとの事です。最近、ストレスが溜まるなぁだとか、昨日食べ過ぎ・飲み過ぎた、と感じる人は寝起きの口臭がかなり酷くなっている可能性がありますので注意が必要でしょう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ