若い女性より高齢の女性の方が乳首がピンク色


中居正広のミになる図書館で医師の喜田直江カラダにまつわる知らなきゃ良かった雑学を紹介。

若い女性よりもおばあちゃんの方が実は乳首がピンク色である。

おばあちゃんの乳首が薄い・ピンク色の理由

女性ホルモンには肌の色素を作るメラニン細胞を刺激する働きがあり、20~30代の女性ホルモンが盛んに分泌される時というのは、どうしても色が濃くなりがち。一方40~50代で女性ホルモン量が少なくなるので、段々と薄くなり、おばあちゃん位の高齢の女性になると赤ちゃんの頃と同じ位、乳首の色が薄くなる。

また、高齢になると毛の細胞もどんどん死んでしまうので、股間の毛の方も脱毛に行かずともツルツルになっている。

考察

とかく女性は色白をはじめ、メラニンが薄い事を好みますし、脱毛サロンの繁栄が示すように毛のないツルツルのお肌を好みます。しかし、それが見た目に一番気を遣う若い頃ではなくて、色気はどうでも良いと思い始める高齢になってからの方がナチュラルに行われるというのはなんとも悲しい話ではあります。

そして、今回の女性ホルモンが肌の色素を作るメラニン細胞を刺激するという働きがあるという話を調べてみました。

女性ホルモンは大きく分けてエストロゲンとプロゲステロンという種類があるのですが、確かにこの2つの女性ホルモンはメラニン色素の中にあるメラノサイトという色素細胞を刺激する作用がある事で知られているようです。女性らしさを保つ為のホルモンが、女性が求める色白の障害になるとは皮肉な話ですね。

ちなみに、思春期にお肌のソバカスに悩む人も多いとは思いますが、こちらも女性ホルモンは思春期になると活発になる為、その影響からソバカスが出て来てしまうそうですよ。

また、この女性ホルモンが活発になる時期がどのタイミングになるかご存知でしょうか。実はエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が双方高くなるのは排卵後から生理直前期までと言われています。このタイミングではこの2大女性ホルモンが過剰に分泌されている為、女性らしさには磨きがかかるのかもしれませんが、一方で上述の理由からメラニン色素が沈着し易い時期とも言えます。ですから生理前に日焼けを始めとした、メラニン色素を刺激する外的要因はなるべく控えた方が良いと言えるでしょう。

また、妊娠中の女性もエストロゲンとプロゲステロンが過剰に分泌される事で知られています。という事は言い換えれば、妊娠中の女性はメラニン色素が刺激され易く、お肌が黒ずんでしまい易いという事。生理前と同様に、この時期も出来る限り、メラニン色素を刺激するのは控えた方が、美を保つ為には良いという事が言えますね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ