川田裕美 喉のケア方法 潤す為のミントタブレットは喉を乾かしている

川田裕美は局アナからフリーに転身したアナウンサー。話のプロとして普段から並々ならぬ努力をしているらしい。喉を使う仕事なので、なるべく喉を傷めない様に、喉は常に湿度を保つように心がけている。

寝る時はどのような季節であってもマスクを着用し、唾液を出す為にミントタブレットを10粒くらい一気に食べ、1日に1箱食べる事はザラである。これらの対策は乾燥予防である。

スポンサード リンク

そんな喉のケアを欠かさない川田裕美に知らなきゃ良かった雑学が存在する。

教えてくれるのは内科医の大竹真一郎。

ミントタブレットを1日1箱食べて喉を潤している様だが、実は逆に喉を乾かしているだけである。

ミントタブレットで喉が乾く!?

実際にミントタブレットを食べると口の中がスースーしてリフレッシュして、爽快感を感じるが、ただ実はミントというのは唾液の分泌を一時的に落としてしまう可能性がある。なので、結果として口の中は乾いてしまうので、口を潤す事は喉にとって非常に良いのだが、ミントタブレットは逆効果になってしまう可能性があるという事である。

スポンサード リンク

実際にガムを噛むと唾液が出てくるが、ミント系のガムとフルーツ系のガム、柑橘系のガム、噛んだらどうなるかという実験では、総唾液分泌量はミント系<フルーツ系<柑橘系という結果になり、ミント系が唾液の分泌量が少ないとなった。

ちょっと眠気を覚ます様なカフェインが入った様なものは唾液の分泌が抑える効果があると言われている。なので同様にコーヒーなども喉にとっては良くない。

線香を焚き過ぎると喉を痛める

更に川田裕美は仕事のオンオフを切り替える為にお線香を利用している。その為に一番リラックス出来る香りとしてアロマとか色々試したが、仏壇にある線香の香りがすごい好きになったという。それを玄関とトイレと寝室とリビングに全部に置いている。

このリラックス方法に関しても知らなきゃ良かった雑学が存在する。

お線香が好きで毎日部屋焚いていると、喉を痛めてしまう恐れがある。

確かにお線香の香りというのはリラックスするには良いとされていて、お線香を焚く事自体は問題ないが、いけないのは量。全部の部屋に焚いているのはかなり煙が充満している状態。つまり各部屋で焚いているのは焚き過ぎと言える。

スポンサード リンク

実際に線香の煙にはタバコの煙と同様の炎症を体に引き起こしてしまうという研究結果がある、他にも目とか皮膚にも異常を起こす可能性があると言われているので、何事もやり過ぎには注意した方が良い。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ