笛木優子の美容法 日焼け対策にレモンは色素沈着やシミの原因になる

女優・笛木優子は夏場の日焼けするシーズンでも日焼け止めクリームを塗らない。笛木優子いわく焼けないと思えば焼けないのだという。

そして、さすがに日に当たり過ぎたと感じた時はレモンを丸かじりしてビタミンCを摂取する。理由はビタミンCを摂取すると白くなるから。

スポンサード リンク

しかし、この美容法に関する知らなきゃ良かった雑学が存在する

教えてくれるのは皮膚科専門医の慶田朋子。

日焼け対策にレモンを食べるのは色素沈着やシミの原因になり逆効果となる。

スポンサード リンク

確かにレモンには日焼けを防ぐ効果が期待出来るビタミンCが豊富に含まれているが、問題はレモンに含まれるソラレンという物質。このソラレンという物質は紫外線の感受性を高め、シミなどの原因になるので、日光を浴びる時間帯での摂取は避けた方が良い。

特にレモンの皮に多く含まれるので、レモンを搾る時に手とか顔に飛んでしまうと、そこがシミになり易くなる。

ビタミンCは何で摂れば良い?

ビタミンCを多く含みソラレンが少ない野菜の例としては赤ピーマン・赤キャベツ・コマツナ・カリフラワー・トマト・大根といったものが挙げられる。これらの野菜を選べば良い。

日焼けしないと思えば焼けない?

スポンサード リンク

そんな事は大きな間違いで関係ない。気持ちの問題ではない。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ