DaiGoの師匠メンタリストの眉村神也 メンタリズムテクニック・方法 その手口をネタばらし

DaiGoの師匠でもあるメンタリストの眉村神也がメンタリストの当てている、誘導しているテクニック・方法を説明する。

初級編 暗示をかけてマークを描かせる

女性に「簡単なマークを書いて!」と頼んでペンを渡すと、大抵がハートを描く。

スポンサード リンク

実はこれには仕掛けがあって1つはペンが赤色であるという事。この赤色でハートをイメージさせるのである。2つ目は書いて下さいと渡す時に、目の前でハートを描いて無意識に刷り込む。直前に何をするのか分からないが、情報としてハートが目の中に入っているので、ハートが入り易い。

ちなみにハート以外に星を描いてしまう場合もあるが、大体はその絵を描いている画数や時間でハートか星かは判断出来るので、相手の描いた図柄を見なくても言い当てる事が出来る。

2015-09-11_162001

これはサウンドリーディングと言って、よく超能力者が使っている。○、十、波、□、☆の5つの図柄が描かれたイーエスピーカードの中から1枚選ばせ描かせて、その図柄を見ずに当てるといったものがあるが、大体の場合は画数の音で聞いて判断出来るので、偽物である。

だからこそこのような場合は音が出易いマジックペンで描かせたりしたのである。

スポンサード リンク

中級編 暗示ををかけて図形を書かせる

2015-09-11_161914

赤・青・緑で○・十・△を上記の立方体のイラストのそれぞれの面(場所)に書かせる。しかも赤青緑の順で書かせて、○→十→△の順に書かせるという。

その為には緑が一番危険で、赤が一番取り易いという暗示をかけるのである。これは赤を強調して言って、緑を間を置いて話して伝える。そこで暗示がかからなかった場合、その人の表情を見て修正していく。

上級編 子供の時に描いた絵が『車』だと答えさせる

子供の頃に描いた絵を描かせ、そこに車をイメージの中に出させる。出させる方法としては子供の頃遊んでいた物として『車』という言葉を使わずに、車のおもちゃで遊んでいる仕草を見せたり、ぐるぐる巻きの太陽といった丸い物や信号機とか車をイメージし易いイラストを先に書かせる。

眉村神也が手口をネタばらしした理由

スポンサード リンク

元々メンタリズムというのは超能力や霊能力を語る詐欺師のテクニックをエンターテインメント化したものであり、詐欺師で実際に未だにメンタリズムを使う人もいっぱいいるので、公開する事でそういう人達に騙されないというのが目的の一つであり、実際にこのような心理学を使って人の心を動かしたり操る事が出来る面白さを伝えたかったのだという。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ